ホルモンバランスと基礎体温

健康な女性の身体には一定の周期で月経と排卵があり、 さまざまなホルモンによって調節されています。

月経のころに脳下垂体から卵胞刺激ホルモンが出て卵巣を刺激して卵子の成熟をさせます。

 

この成熟を始めた卵子から血液中にエストロゲンというホルモンが分泌されると 卵胞刺激ホルモンの放出が止まります。

 

成熟する卵子は1個だけになり、約2週間かけて排卵に向かいます。

 

排卵が起きた後、卵巣に残る細胞は黄体と呼ばれる状態になり、 ここから黄体ホルモンが出ます。

 

黄体ホルモンは子宮の内膜を厚く充実させて、 受精卵を迎える準備を始めます。

 

卵子が受精しなければ、黄体ホルモンの放出は止まります。

 

必要なくなった子宮内膜がはがれ落ち、排卵から約2週間後に次の月経が始まります。

 

これが妊娠していない場合の、女性の体の周期です。

 

このサイクル変化を見る指標となるのが基礎体温表で、排卵時期や内膜の状態がわかります。

 

 

★低温期

 

高温期が約2週間ほど続いて、そのあと体温が下がり始めたら、生理がそろそろ始まる状態。

 

このあたりから生理〜半月くらい、排卵が始まるまでを低温期といいます。

 

何度以下が低温期というのはなく、基礎体温の変化から判断します。

 

★排 卵

 

低温期が続いた後、体温が下がった時が排卵日と言われていますが、体温の低下がはっきりしない場合もあります。

 

体温が上がりかけて1〜2日目が排卵という人も多く、「体温が下がらない」=「排卵がない」とは限りません。

 

★高温期

 

排卵後、受精卵を迎える準備をするためには黄体ホルモンが出て、その働きに伴って体温は上昇し始めます。

 

この状態が高温期で約2週間ほど続きます。

 

排卵後に受精がなければ黄体ホルモンは止まり、必要のなくなった子宮内膜がはがれ落ち、生理が始まります。

 

自分の体調、女性ホルモンのバランスを知るためにも、基礎体温表をつけてみてはいかがですか?

 

 

群馬県太田市の漢方 太田薬局

 

〜子宝相談 冷え症 更年期 生理不順 貧血〜

「卵子」にいいこと、、、していますか?

現代社会では体を冷やす生活や食事が習慣化しています。

 

体を冷やすとホルモンバランスが悪くなり、妊娠するための体の準備もできにくくなります。

 

妊娠するためには温める体づくりをしましょう。

 

出典:kids.wanpug.com

 

●卵胞について 卵巣の中にある卵子は一つ一つ卵胞の中に存在します。

 

卵子は顆粒膜細胞に囲まれていて、その外側を更に來膜細胞に包まれ卵胞を形成します。

 

卵の中には色々はステージの卵胞が存在し、成熟していきます。 成熟した卵胞の中に成熟した卵子ができます。

 

未成熟の卵胞から卵子を採っても、その卵子は未熟ゆえに受精できません。

 

従って排卵直前の卵胞である成熟卵胞から卵子を採ることが通常の体外受精では必要になります。

 

小さな卵胞から卵子を採っても未熟な卵子ですから、受精できず妊娠には至りません。

 

一次卵胞から胞状卵胞にいたる間で急激にサイズが大きくなります。

 

この間に将来の急遠に進行する卵子の成熟(核の成熟、細胞質の成熟)に備えて、 核も細胞質も成熟の準備をするためです。

 

●卵子の成長は180日かかるんです!?

 

良質な卵子が出来るまでに最低90日かかります。

 

排卵日にはすでに3周期後の卵包が成長を始めているのです。

 

すなわち、90日x3周期(180日)後の卵子がいま育っているのです。

 

 

群馬県太田市の漢方 太田薬局

〜子宝相談 冷え症 更年期 生理不順 貧血〜

 

かんたん薬膳講座 開催しました!

今年の桜はあっという間に過ぎ去っていったような気がしています。

 

太田市内でもソメイヨシノはすっかり葉桜、八重桜も終わりにちかいかもしれません。

 

さて太田薬局の中庭では竹の子が顔を出してくれました。

 

★毎年出てくる・・・というわけではないのですが、

今年は三つを収穫、一つを伸ばしてみることにしました

 

せっかくなので先日開催した薬膳講座で作る薬膳スープの材料に・・・

 

 

鳥肉、ネギ、生薬と煮ること30分・・・

 

 

いつもより具沢山な薬膳スープの完成!

 

春先は「木の芽どき」と言われ、先人は春の野山にでた若芽を

 

いち早く摘んで食べることを生活の中に取り入れていました。

 

ちょっとした自然のいたわりを普段の生活に取り入れてみたいですね。

 

群馬県太田市の漢方 太田薬局

〜子宝相談 冷え症 更年期 生理不順 貧血〜

 

薬局製剤研修会 〜麻黄湯について〜

群馬県薬剤師会の薬局製剤研修会で「麻黄湯」について話をしてきました。

 

 

薬剤師の方々への話でしたが、インフルエンザも流行しているこの時期なので、

 

自分にとってもいい勉強となりました。

 

 

傷寒論の条文には「麻黄を先に煮る」と書いてありますので、その通りの方法で。

 

 

硬度の違う水で煎じるとどうなるのかな、、、と実験してみました。

 

色々と質問も頂いて「なるほど、そういう考え方もあるんだなぁ」と。

 

麻黄湯は「発熱・汗無・悪寒・・・」といった症状の時に使うことがありますが

 

その使い方も一服服用して様子を見るのが原則です。

 

汗がダラダラと出ているような状態で麻黄湯を使うことはありません。


高齢な方や体力のあまり無い方に使うときは注意が必要です。

 

漢方薬などで使い方がわからないというような場合も

 

お気軽にご相談ください。

 

群馬県太田市の漢方 太田薬局

〜子宝相談 冷え症 更年期 生理不順 貧血〜 

1