薬局製剤研修会 〜麻黄湯について〜

群馬県薬剤師会の薬局製剤研修会で「麻黄湯」について話をしてきました。

 

 

薬剤師の方々への話でしたが、インフルエンザも流行しているこの時期なので、

 

自分にとってもいい勉強となりました。

 

 

傷寒論の条文には「麻黄を先に煮る」と書いてありますので、その通りの方法で。

 

 

硬度の違う水で煎じるとどうなるのかな、、、と実験してみました。

 

色々と質問も頂いて「なるほど、そういう考え方もあるんだなぁ」と。

 

麻黄湯は「発熱・汗無・悪寒・・・」といった症状の時に使うことがありますが

 

その使い方も一服服用して様子を見るのが原則です。

 

汗がダラダラと出ているような状態で麻黄湯を使うことはありません。


高齢な方や体力のあまり無い方に使うときは注意が必要です。

 

漢方薬などで使い方がわからないというような場合も

 

お気軽にご相談ください。

 

群馬県太田市の漢方 太田薬局

〜子宝相談 冷え症 更年期 生理不順 貧血〜